入口 > テンプレ - 携帯用 > 携帯用テンプレ「その2」(軽装版)

携帯用テンプレ「その2」(軽装版)

うちは作品目次を記事で自分で作っていただくというのを前提にしているため、携帯用テンプレをプライベートモードで使われる場合、作品記事へリンクできなくなってしまうという問題がありました。
それの対策として、作品目次を記事タイトルで代用し、かつエラーを起こしやすいスタイルシートでのデザインを極力抑えたり、idを使った記事内リンクを排除したりといった工夫を加えたテンプレを作りました。
見本としてはこんな感じです(パスは0000です)。(aboutとfairy taleとphotoが作品カテゴリ、diaryが日記カテゴリの扱いです)
目次記事から作品記事へは飛べないこと、カテゴリ画面からなら飛べること、を確認してみてください。
下記QRコードからもアクセスできますので、よかったら携帯でもご確認下さい。
qr_img.png

【使い方】
こちらを使われる場合は、適当な携帯用テンプレを「複製」し、そのHTMLを下記テキストボックスの中身に丸ごと書き換えて(スタイルシートは空っぽで)、「更新」して「適用」してください。
その際、必ず、

◎作品カテゴリ
 作品の前振り的説明を「本文」に、作品本体を「追記」に書く

◎日記カテゴリ
 日記の内容をすべて「本文」に書き、「追記」は使わない

ようにしてください。 (追記のある記事は作品目次風に、追記のない記事は日記風に表示されるようにしています。)

※面倒かもですが過去記事についても「日記→本文のみ使う、作品→追記にin」のように揃えてください、表示が変になります
※案内カテゴリの記事はどっちでもいいですが、カテゴリ内の記事は全て追記を使うなら使う(:目次風表示になる)、使わないなら使わない(:日記風表示になる)で揃えないと変になります


もしカテゴリ画面の一番初めに目次記事があるのがすっきりしない場合は、HTML上部のスタイル指定部分の

/*★☆★ ↓N1,N2,N3を目次記事番号に ★☆★*/
#entryN1, #entryN2, #entryN3 {display:none;}

↑赤字を、目次記事の記事番号に書き換えてください。

(できればついでに同じ箇所の

/*★☆★ ↓Xを日記カテ番に ★☆★*/
.bunki{display:none;}
.n_only_catX {display:block;}

↑赤字も、日記カテゴリのカテゴリ番号に書き換えてください。(日記画面の記事区切りの点線が最下部にも出てきます))

なんだかあまりすっきりした説明にできずすみません。できるだけ改善していきたいと思っていますので、よくわからない点や気になったところ、ご要望などありましたらぜひお知らせください。

以下、ソースです。




2012-05-27