入口 > スポンサー広告 > スポンサーサイト テンプレ - カスタマイズ > 個別記事ページ「BACK」の戻り先を変更する

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--------

個別記事ページ「BACK」の戻り先を変更する

個別記事ページ(固定リンクページとも言う、アドレス末尾が「blog-entry-XX.html」又は「?no=XX」のページ、うちで「作品ページ」と称しているとこ)最下部のBACKリンクは、デフォルトのままだとjavascriptでひとつ前のページに戻る形になっています。このページは色々な場所からたどり着く可能性があるということと、デザイン上このあたりをあまり煩雑にしたくなかったためにこうしていますが、お手元の状況によってはこれが不自然に感じられる場合も多々あると思います。そんなときは以下のように変更してください。
テンプレHTMLの中ほどより少し下、青字部分を削除し、赤字部分を好きな戻り先に変更する。(黄字部分はオンマウスで表示させたい文言を入れてください)

<div id="back">
<a href="javascript:history.go(-1)" title="<%template_prevpage>へ"><script type="text/javascript">
document.write("BACK");
</script></a>
<noscript>
<a href="<%topentry_category_link>" title="「<%topentry_category>」ト&#12483;プへ">BACK</a></noscript>
</div><!--/#back-->
</div><!--/.topentry-->
<!--/topentry-->
<!--■作品(固定リンク)ページ終■-->

以上です。

赤字部分は、デフォルトの「<%topentry_category_link>」のままだと、カテゴリページ(入口ページでカテゴリ名をクリックすると出てくるページ)に戻ります。これを「<%url>」に変更すると、入口ページまで戻る形になります。
もちろんテンプレート変数でなくても、普通に「http://~」と指定しても構いません。
サイト構成や閲覧者さんの動線に合わせて、スムーズに移動できるよう設定してください。
2013-02-28
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。